ご挨拶

10月になりましたが、まだまだ暑い日がありますね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

おかげさまをもちまして、「Nature Café x 藝大AMSプロジェクト」によるイベント「芸術はなぜ人の心を動かすのか?〜音楽と医学の学問的融合の発展を目指して〜」が10月8日(日)に無事終了いたしました。定員200名の2倍に近いお申し込みを頂戴し、幅広い分野、年齢層の皆様がオーディエンスとしてご来場。目玉となるパネルディスカッションでは客席からも闊達な質疑をいただき、議論を深めることができました。

このイベントの開催のために協力をしてくださったYo-Yo Ma氏、Roger Perlmutter氏、素晴らしい講演を行ってくださったた西川伸一先生、近藤伸介先生、パネリストとして参加してくださった澤和樹先生、Thomas Kornberg先生、討論会をモデレートしてくださいましたStavroula Kousta博士、当日のMusic Tributeに演奏者として参加してくださった迫昭嘉先生、玉井菜採先生、山﨑貴子先生、中木健二先生、そして共催させていただいたシュプリンガー・ネイチャーの皆様、完璧なバックアップを提供してくださいました東京藝術大学関係者の皆様に深く御礼申し上げます。

東京藝術大学Arts Meet Scienceプロジェクトでは今後もこのようなイベントのほか、異なる分野の学生間の交流を推進するような企画を進めていきたいと考えております。近日中に専用のホームページを立ち上げる予定ですので、公開後にまたご案内いたします。

これから年末にかけても、様々な演奏会やセミナーが予定されています。詳細につきましては、こちらに情報をアップしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年10月10日 谷口 賢記


※「スタイナート・トリオ」のページはメーリングリストへご登録いただいた方々への限定公開となります。詳しくは、contactのページをご覧下さい。



Welcome to Masanori Taniguchi's official website!

Only in Japanese as of now.
The website for SteinArt Trio is in English but password secured. For those who would like to access it, please register to my email list from the contact page. Only your name (1st )and email address (2nd ) are required; then please click [入力内容確認] on the bottom, followed by clicking [送信実行] on the next page. I may make some announcements to those who are on the list.
新着情報What’s new ご挨拶

平成24年春、ボストンにて結成されたピアノトリオです。メンバ―はマーカス・プラッチ(ヴァイオリン)、谷口賢記(チェロ)、ロキサーナ・バジュデキ(ピアノ)。日本では平成25年1月にデビュー、各地で計5公演を行い好評を博しました。「音楽の友」にもポジティブなレビューが掲載され、新進気鋭の室内楽グループとして活躍が期待されています。

「スタイナート・トリオ」のページはメーリングリストへご登録いただいた方々への限定公開となります。詳しくは、contactのページをご覧下さい。

チェリスト 谷口賢記 Cellist Taniguchi Masanori
京都大学理学部、同大学院理学研究科を卒業後、音楽へ転向。ボストン音楽院にて研鑽を積んだ後、現在はチェリストとして東京を拠点に演奏活動と教育活動に力を入れている。

>プロフィール詳細
コンサート情報
ギャラリー
ご依頼について
ステイナート・トリオ
トップへ戻る